Home > スポンサー広告 > 日本での電子ペーパーの後押しになれるか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://ipad3kakaku3apple4ki.blog.fc2.com/tb.php/27-f95dda6e
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from iPad mini予約・価格情報~新しいiPad予約・在庫状況もソフトバンクオンラインショップ

Home > スポンサー広告 > 日本での電子ペーパーの後押しになれるか

Home > 新型iPad価格・予約情報 > 日本での電子ペーパーの後押しになれるか

日本での電子ペーパーの後押しになれるか

「紙の発明」に匹敵するインパクト――新型iPadは、これから奇跡を起こす

2012年。既報のとおり、iPadの新モデルが発表された。その名は「新しいiPad」。3世代目を示すナンバリングは廃止され、すっぴんの“iPad”という名前に戻った。


●「目が疲れない」というすごさ


 製品発表時からとりわけ注目されているのが、Appleが「Retinaディスプレイ」と呼ぶ高解像度ディスプレイだ。iPad 2の1024×768ドット表示(132ppi)から、新型iPadでは2048×1536ドット表示(264ppi)になっており、iPad利用時の目からの焦点距離を勘案すると、肉眼では表示画面を構成するピクセルが判別できない。これがAppleが「Retina=網膜」と呼ぶゆえんだ。


ため息まじりで「美しい」の一言につきる。スクリーンに写るものすべてがくっきりと鮮やかであり、緻密だ。一見すると、そこにあるものがデジタル表示されたものとは思えない。今までのスマートフォンやタブレット端末はもちろん、PC、フルHDのデジタルテレビなどすべてのデジタル機器で経験したことのない高精細な美しさなのだ。新型iPadを見た後には、あらゆるデジタル機器の画面が少しくすんで古くさく感じてしまう。そのくらいiPadのRetinaディスプレイのインパクトは大きい。

 このRetinaディスプレイのiPadを使い始めると、これまでiPadが積みあげてきたユーザー体験の1つ1つが新鮮な感動に変わる。写真や映像コンテンツ、新聞や電子書籍といった表示クオリティの差が顕著に現れるものはもちろんのこと、ブラウザでWebサイトを見る、Twitterやメールを使う、スケジュールや地図を確認するといった日常利用でもRetinaディスプレイによる感動がはっきりとある。

 そして、このRetinaディスプレイが何よりもすばらしいのは、使っていて「目が疲れない」ことだ。新型iPadのスクリーンを見ることは紙の印刷物を読むかのような感覚であり、これまでスクリーン越しにデジタル情報を見ていた時に感じたあの疲れをまったくといっていいほど感じない。職業柄、自宅には目が疲れにくいEIZO製の24インチWUXGA(1920×1200ピクセル)表示のディスプレイを導入しているが、それと比べても新型iPadの方が目が疲れないのだ。今後、新型iPadのRetinaディスプレイ対応アプリやコンテンツがそろっていけば、この「美しくて、目が疲れない」というメリットはさらに拡大していくだろう。



●新型iPadで、日常は再び変わる

 Retinaディスプレイを搭載したことより、新型iPadは初代iPad登場以上のパワーで、人々の生活を変革する力を得た。

 それがもっとも顕著なのが「読む」という行為だろう。新型iPadでは日本語フォントの表示能力が紙の印刷物と同等になっており、無理をせずに読むことができる。

 これは新聞アプリを使うと一目瞭然だ。今までは拡大・縮小を繰り返さなければ読めなかったものが、記事の見出し一覧画面でも流し読みすることができる。長い記事を読んで目が疲れることもない。紙の新聞の一覧性や文字の読みやすさを捨てきれなかった人も、新型iPadならば積極的にデジタル版を選べるだろう。

 雑誌やガイドブックなどの電子書籍も、新型iPadで読むとユーザー体験ががらりと変わる。画面を横にして見開き画面でも文字を追うことができ、写真はクリアでとても美しい。

もっとも大きな変化と可能性を感じたのが、電子コミックである。筆者は「eBook Japan」のアプリを使い、新型iPadで複数のコミックを読んでみたが、その快適さは先代iPad 2とは比べものにならなかった。見開き画面でも吹き出しの中の細かな文字まで潰れることがなく、描かれた細部の線やスクリーントーンの陰影まできちんと表示されている。文庫版コミックを読むのと同じか、それ以上のクオリティで電子コミックが読めるのだ。



●新型iPadは「紙の発明」に匹敵する

 AppleはポストPCを打ち出し、実際にコンピューターとインターネットのトレンドを、初代iPadからiPad 2によって変えてきた。ITの世界では大きな革新が起きたといっていい。

 しかし、今回の新型iPadのインパクトは、それとは比較にならないほど大きなものだ。そのユーザー体験がPCを超えただけでなく、有史以来もっとも古くて重要なメディアである紙をも超えたのだ。紙の発明に匹敵するほどの意義を、Retinaディスプレイを搭載したiPadは持っている。デジタルの世界が、アナログの世界についに肩を並べた。新型iPadを使えば使うほど、その直感が実感に変わっていった。

 この記事内では写真や映像を多く使い、新型iPadを紹介してきたが、どれ1つとしてRetinaディスプレイの実力は伝え切れていない。PCのディスプレイやテレビの解像度は新型iPad以下であり、この網膜にぴたりとあう緻密さ・美しさが伝えられないのだ。

 だからぜひ、新型iPadが発売されたらApple Storeをはじめとする販売店に足を運び、実物のRetinaディスプレイを見て触ってもらいたいと思う。それでしか、新型iPadのすごさと可能性は分からない。そして自らの目で実際に見たら、筆者の「紙の発明に匹敵する」という評価が正しいかどうか分かっていただけるはずだ。




目が疲れないのはすごい利点ですね。

iPhoneで長時間作業をしているとどうしてもその距離のせいもあるのでしょうが、疲れ目が顕著です。

キンドルのように黒の表現が紙と同じように光を吸収しているような自然な感じまではいかないまでも、早くその美しさに触れてみたいです。

Comments: 0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://ipad3kakaku3apple4ki.blog.fc2.com/tb.php/27-f95dda6e
Listed below are links to weblogs that reference
日本での電子ペーパーの後押しになれるか from iPad mini予約・価格情報~新しいiPad予約・在庫状況もソフトバンクオンラインショップ

Home > 新型iPad価格・予約情報 > 日本での電子ペーパーの後押しになれるか

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。